押し付けのチャンピオン席

《押し付けられたチャンピオン席》《譲られた”最強”の座》《強制された”王者”の器》……………。

突然倒れた父。

家族で男は自分だけ…。

【重たい荷物】や【買い物】の力仕事/求められる意見=責任…。

ゆっくり、でもじわじわ確実に押し寄せるプレッシャー = 責任感。

 

逃げられるモノなら逃げたい。でも《逃げられない》コトも頭では理解してる。そんな息子について書く。

 

 

 

ウチは4人家族。わたしが脳卒中発症時、中1だった長男も今は中3、高校を受験する年齢に…。

チビだった身長も急に伸びもうお父さんを越えたか?どうか?

声変わりも終わり、一緒に風呂入ったのはもう1年以上前か?

二人とも好きなエヴァンゲリオンや刃牙観ても感想も云わず目も合わせない。

わたしの風呂上がり。乾燥肌なので全身にアロエジェルを塗り、着替え、点耳薬、点眼薬と結構忙しい😅。コレらの作業をし易い位置にソファーが在るが息子が占領してる時が偶に有る。

家内『お父さんに譲ってあげて!』と言われても返事もしないし動かない。わたしは仕方なく階段に腰を降ろして作業を始める…。

家内がキツく問い正したトキがある。

家内『なんで動かないの➖?』

息子「動いて欲しかったら言えば良いやん⁉️」

わたしは何も言わない。でも腹の中では『おいおい、毎回言わな動かんのか➖?そんな面倒臭いコトなら階段でするわ〜』『もし動いてくれてもその度にイヤそうな面倒臭そうな顔見るのも嫌やし…』『慰る(いたわる)ってコト躾(しつけ)て無かったかなぁ…😅』

またこんな場面も…。

ウチはテーブル&椅子じゃなく、床&チャブ台生活。今は殆ど復活してきたけど退院したては体幹が弱く胡座の姿勢を10分維持出来ない。前述のソファーを背もたれにして食事摂る日々。このタイミングで息子が「胡座がシンドい〜」と言い出す。息子だけテーブル&椅子で食事したり、お父さんと時間差にズラしてソファーに背もたれで食べたり…。

世の中には、健康な人/元気な人/強い人/丈夫な人/強者/王者/チャンピオン…色んな肩書きで呼ばれる方々が居る。また肩書きが無くても、家庭/クラス/サークル/職場…、色んな”小単位”で《暗黙の”チャンピオン”》は存在する。

この《暗黙の”チャンピオン”》が弱者を省みず自分最優先で行動するなら…❓もし咎められても「んじゃ言えば良いやん⁈」という返答なら…❓この《暗黙の”チャンピオン”》は表面だけチヤホヤされても本心では軽蔑されるのでは…?

昔から《痩せ我慢》という言葉がある。

やせがまん

 痩せ我慢とは、ほんとうは苦しいのに平気な顔をして耐えている様子をいうやや皮肉めいた言い方。金持ちのイヤなヤツが貧乏人に対して「やせ我慢していないで助けを求めたらどうだ」などと恩着せがましく使う。「痩せる」は「痩せた土地」などとも用いるように、「栄養が足りない」「貧しい」という意味もある。「痩せ我慢」は、痩せている人が実際は苦しくても平然と生きている様子、あるいは、貧しくて生活の苦しい人の我慢する姿をいったものであろう。

 「痩せる」の対語は「肥える(太る)」。太っている人はふだんはなんの苦労もなさそうだが、少し走らせたりするだけで必要以上に苦しそうな表情を見せる。そこから、たいして苦しくもないのに我慢に我慢をかさねているのだというような様子を見せることを「デブ我慢」という(注:もちろん、そんな言葉はありません)。

 🔶 本当は腹減ったのに「大丈夫です!」

 🔶 本当はシンドいのに「大丈夫です!」

 🔶 本当は休みたいのに「大丈夫です!」

わたしは『”痩せ我慢”とは、《暗黙のチャンピオン》の優しさ』という認識。そしてこの”優しさ”は、相手の強さ/弱さを把握した上で相手のシンドさを理解しようとする努力➡️想いやり➡️想像力が重要だと思う。

余談でこんな記事がある。

 

想像力が欠如した社会⁈給付金の不正取得⁈

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/19161972/%3Fusqp%3Dmq331AQRKAGYAem2x_ij96bWywGwASA%253D

 

わたしの見解は『六千人全員が悪い事だとは理解した確信犯。そして六千人に足りなかったのは「バレたらどうしよう⁈バレなくても自分の良心は耐えられるのか⁉️」というコトを突き詰めて考えなかった”想像力の欠如”の結果…。

現代は、想像する ≒ 待つ コトは悪という風潮。哀しい風潮だけど仕方無し。でも息子には、この哀しい風潮の現代だからこそ 想像力 を絶やして欲しくない‼️

 

息子よ!本当にすまない🙏

座りたくもないチャンピオン席、望んでもない王者の座…。

15年生まれ育った環境で『想像力豊かな人間になれ❗️』は無理かもしれない。でも

想像力 = imagination

の大切さ、忘れないで欲しい。