【闘病〜就活まとめ】

発症者の性別/年齢/経歴/環境etc…。様々な要因や後遺症の度合いによって優先順位は変わってくると思います。

①生命保険の内容確認
②失業保険の確認
③障害者手帳の申請
④障害者年金の申請
⑤元の仕事に復帰可能か否か
⑥障害者向け紹介会社へ登録
⑦継続支援A/Bを探す

①〜⑤は同時進行、⑥/⑦は⑤が不可能な場合となります。

まず【何時からスタート?】は医師からの「これ以上良くなるのは難しい。」「後遺症が残るかもしれない。」と宣言された時。


もっと早くスタートしても良いと思いますが本人が『後遺症が残って、障害者になるかも…?』という覚悟は自分では決められないと思いますので、医師の宣言はヨーイドンの号令のイメージです。

わたしの場合、生命保険は家内が全部手続きしてくれました。損害保険や車の保険まで問い合わせるのが無難かと思います。特約の内容により保険がおりるかも…?知れません。

損保に車の保険まで念の為

失業保険はハローワークに電話するだけだし、そもそも大きな企業にお勤めなら⑤も含めて総務部が相談に乗ってくれると思います。

③/④の手帳と年金が最も手間と時間がかかります。医師/理学療法士/作業療法士/言語聴覚士さんの人の手/診断書を待つ時間、自己申告書を仕上げる時間。
わたしの場合、申請日から起算して手帳で1ヶ月、年金で3ヶ月かかってます。加えて年金は後払い(12/15に貰う年金は9&10月分)、更に日割り計算はされず承認の翌月分から支給されます。早く手続きしたほうが断然お得です。

が、ハードルが出てきます。
・障害年金の申請は通常発症から1年半、脳卒中の特例でも発症から半年後からしか受け付け不可。

・入院中に手続き出来るのか?(書類の郵送可否、代理人申請可否、そもそも代理人が居ない、本人動けない、動けるけど申請場所遠い、病院の外出許可etc…。)

関係者/関係施設ですが、
①保険は本人or配偶者と保険会社
②失業保険は本人とハローワーク
③手帳は本人と医師等
④年金は本人と医師等と市役所
⑤職場復帰は本人と総務部等
⑥民間紹介会社は本人と当該会社
⑦継続支援事業所は本人と当該事業所と指定特定者と市役所
こんな感じでした。市役所とは仲良くするべきですし、その前にはどんな制度があるのか”予習”しておくことをお勧めします。

66ページもあります?!

飽く迄もわたしの場合ですので、病院やお住いの地方自治体に尋ねて下さい。

最も早いパターンだと
・退院1ヶ月目=失業保険
・退院2ヶ月目=
・退院3ヶ月目=年金+継続支援事業所の給与
も可能だったと思います。(失業保険は入院中でも貰えるかも…?)

まとめ

次の順序で手続きすれば間違いないと思います。

(1).生命保険+α

(2).失業保険

(3).手帳と年金

(4).継続支援事業所

(5).一般就労

わたしは(5)と(4)を逆に進めてしまい、3ヶ月無駄に過ごしました。(結果論ですが…)

もちろん元職復帰出来た方は(4)も(5)も不要ですよね〜おめでとうございます❢❢

残念ながら復帰断念せざるを得ない方は、まずは継続支援事業所で働きながら、ゆっくり新天地を探しましょう。収入が心許ないと自分を安売りするし、焦りは面接に現われてしまいます。

わたしは、半年前の退院時には、何のアテもありませんでした。今は十分ではないものの家族四人生きて行ける目処が建ちました。
日本という国の制度と施設を利用させて頂き本当に感謝しております。

この記事をここ迄読んで下さったということは、あなた様の身近い方が不幸な境遇に合われたもの…と危惧致します。でなければ、医療/リハビリ関係者か…?

どうかホンの少しでもあなたとあなたの身近な方が、元気と勇気を感じて下さることを心より祈念致します。お大事に!

しかーーーーーしっ!!

・年金貰えなかったら?

・年金貰えても全然足りない!

・神経再生治療とかもっと治療を!

様々な不安、特にお金の不安は尽きないですよね?!元々【障活のコツ〜身障者として楽に生きるコツ〜】なのに「これじゃ楽になれない💢」と叱られそうです。そもそも投稿の1番上にある【就活無しで稼ぐコツ】って何?

↓↓↓↓↓

コツのコツ=真骨頂

↓↓↓↓↓

【就活無しで稼ぐコツ】は三部構成です。が、ネズミ講やMLM(マルチレベルマーケティング)=ネットワークビジネスの勧誘ではありません。

 

1部は、わたしが年金の自己申告で書いた【病歴・就労状況申立書】の原本を公開します。わたしの試算だと”2,520万円の価値がある!!”と考えてます。根拠もオープンにします。

 

2部はズバリ【就活無しで稼ぐコツ】そのものです。【まとめ】では退院2ヶ月目の収入を空白にしてます。この2ヶ月目にハメて頂きたい方法ですが、入院中からでもスマホさえ使えたら稼げます。今風に言うと【デジタル内職】とでも言いましょうか?ご本人にとどまらず、ご家族でもお知り合いでも大丈夫です。しかも現金化が速い!

3部は直接”稼ぐ!”という話しではありません。が、少し大げさに表現すると”預言書”です。わたしがこのサイトを立ち上げたのは、この”預言書”に出会ったのが影響大です。仕事の取り組み方、仕事の存在感、今の自分の身体…。障害を持つ身体になられた方には是非触れて頂きたい情報です。